五線紙、川崎市多摩区登戸にある美味しいパスタ店

店名:五線紙
住所:神奈川県川崎市多摩区登戸2578-8
電話:044-911-9056

小田急線の登戸駅からほど近い住宅街の一角にある小さなレンガ造りの可愛らしい店です。
入口のドアに音符が踊るアイアンの五線紙がとりつけられています。

五線紙の店内は、テーブル席が数席とカウンターのみで決して広くはなく、全体的にウッド調にまとめられていて、純喫茶を思わせるような懐かしさも感じます。
厨房に面したカウンター上部には漫画家さんはじめ有名人の色紙が並び、実は人気店であることがわかります。

五線紙はパスタとグラタンの店とうたっていますが、パスタの種類が半端なく、中にはかなり個性的なメニューも。個人的には王道のボンゴレがオススメです。

アサリがこれでもかという程たっぷりと入っており、やや濃いめのしっかりとした味付けが食欲をそそります。
普通盛りでも結構ボリューミーで800円というコスパの良さは嬉しい限り。

そして五線紙で1度は食して欲しいのが”たくわんとしらす”。完全なオリジナルですが、この一見パスタにたくわん?!という組み合わせが意外にもマッチしていて何となく思い出しては食べたくなる味に仕上がっています。
たくわんのほのかな甘みと塩気がしらすと合わさると、あっさりしているのに、味に深みが出てこれがとても美味しいです。

若いカップルやご近所の方など客層は幅広く、またパスタの量が100g(マイナス100円)から350g(プラス500円)まで選べるので、小さい子供や少食の方、しっかり食べたい男性でも満足できるのが魅力です。
会計の際にはキャラメルを1粒くれるなど、さりげない気遣いもあり、五線紙は普段使いにもちょっとした記念日にもおススメです。