かっぱ、倉敷駅近くにある絶品デミカツがおすすめのトンカツ店

倉敷駅の南口を出て徒歩5分程度歩くと商店街の中に「かっぱ」があります。
岡山県のご当地グルメにデミカツ(デミグラスソースをかけたトンカツ)があり、かっぱはその中で一番おススメのお店です。

いつも開店前から行列ができているので、お店の入口前にあるノートに記名して名前が呼ばれるのを待ちます。
お店の前には椅子が7~8脚並べてありますが、足りない場合は立って待つ必要があります。
かっぱ店内にはカウンターとテーブル席があり、ノートに記帳する際に指定することが出来ます。

私はかっぱで食事する際に、いつも注文するのが「ミニとんてい」です。
デミかつ(小)、千切りキャベツ、ライス、味噌汁がついてきます。
からしをつけるかどうかも注文時に訪ねてくれます。

「名代(なだい)とんてい」という、トンカツがもう一回り大きなメニューもあるのですが、ミニとんていでも十分お腹いっぱいになります(30代男性)。
名代とんていを注文したご婦人が、私の注文したミニとんていを見て「あら~、ミニでよかったかもね~」と言っていたこともありました(笑)

かっぱのトンカツは衣が非常にサクサクしていて、デミグラスソースともすごくマッチしています。
豚肉もしっかりした歯ごたえで美味しいのですが、一番お気に入りなのは衣だったりします。

注意が必要なのは、衣が肉から剝がれやすすぎることです!
油断していると衣とお肉がバラバラになってしまうので、肉の部分をしっかりつまんで食べてください!

私は最近、揚げ物を控えた食生活をしていますが、かっぱのデミカツだけは自分へのご褒美として2か月に1回は通っています。
揚げ物でハズレを食べたときは無駄にカロリーを摂取して損した気分になりますが、かっぱのトンカツが裏切ることはありません!
倉敷の美観地区へ観光することがあれば是非試してみてください。

また、新型コロナウイルス感染防止の対策として、いつもとは違う対応があったのでご紹介しておきます。
座席を広く確保するため、お店に隣接していて使われていなかった喫茶店も食事のスペースとして提供されるようになっていました(2020年12月時点)。

店外で名前が呼ばれた後に、案内する席が隣の喫茶店の方になるけど問題ないかという確認をされました。
その日は喫茶店で食事をしましたが、照明をつけておらず、お昼の来店でしたが少し薄暗い感じでした。
そして喫茶店側で食事をする場合は、注文の際に料金を先に支払いました(通常は退店時に支払い)。

店名:かっぱ
住所:岡山県倉敷市阿知2-17-2
電話:086-422-0440