やきたてKAJ-G100はヒーター切り替えでトーストも調理も美味。

トースター「やきたて KAJ-G100」は、以前使っていたタイガー製のトースターよりもパンがふんわりパリッと焼きあがります。
上部のヒーターは遠赤なのも良いのですが、以前なかった機能で役に立っているのが、ヒーターの切り替え機能です。

4種類あり、上、中、下、強に分かれています。
「上」は上のヒーターのみ、「下」は下から、「中」は上下同時に温め、「強」は中よりも上部を強めに温めてくれます。
つまり、温める物によって使い分けができるのです。

例えば、トーストや手作りピザは「強」、フライの温めやクッキーはじっくりと焼くため「中」。
グラタンのチーズの焼き目を付けたいときは「上」、クロワッサンなど上部が焦げやすいものは「下」を使います。
これまでオーブンで手作りグラタンを焼く際、余熱から始まり、チーズに焦げ目ができあがるまでにかなり時間がかかっていました。

しかし、やきたてKAJ-G100を購入してからは、つまみを上にしてチーズに焦げ目をつけるだけなので3分程度で仕上がります。
しかも手入れもしやすく、網や下のトレイが簡単に外せます。
下のトレイには、お手入れを簡単にするためにアルミホイルをかぶせました。

やきたてKAJ-G100は、色も高級感があって汚れも目立ちにくいので良いと思います。
これだけ満足度の高いトースターが3000円台で買えたので、コスパはかなり良いと思います。