バスケットボール人生!日本人初のNBAプレーヤー田臥勇太。

B.LEAGUEのリンク栃木ブレックスに所属しているプロバスケットボールプレーヤーの田臥勇太さん。
田臥勇太(たぶせ ゆうた)と読みます。
現在36歳の独身で、身長173センチ、体重75キロ、足のサイズ29センチ、血液型A型、ポジションはポイントガードです。

田臥勇太さんは2004年にアメリカのフェニックスサンズと契約しプレーした、日本人初のNBAプレーヤーで注目されました。
田臥勇太さんは幼少期の頃からバスケットボールや野球など色々なスポーツをやっていたそうですが、何をやってもスポーツ万能だったそうです。

なので小学校、中学校時代からバスケットボールの技術はズバ抜けていて、全国大会で上位入賞や個人賞を取っていました。
1996年にバスケットボールの名門校の秋田県立能代工業高等学校に入学し、一年生の頃からスタメンで活躍します。

そして3年連続で3大タイトル「9冠」という素晴らしい記録を残しますが、当時の練習は物凄い過酷なものだったそうです。
神奈川県出身の田臥勇太さんは秋田弁もわからず先生(コーチ)の言っている言葉がわからなかったとの笑い話もありますが、「もうあの練習と憂鬱は嫌だ」と言っています。

バスケットボールをやり始めたきっかけは、お姉さんがやっていた影響と言っていますが、実はお母さんもバスケットボール経験者だそうです。
なので最初からバスケットボールIQは高かったのでしょうが、あのバスケットボールセンスは天才です。

カテゴリーNBA