NBA、ロサンゼルス・クリッパーズの生命線、クリス・ポール。

クリス・ポールはNBAのウエスタン・カンファレンスのロサンゼルス・クリッパーズに所属するポイントガードである。
近年ステフィン・カリーやラッセル・ウエストブルックなど得点力のあるポイントガードが人気であるが、クリス・ポールは得点力はさることながらボールハンドリング技術やアシスト能力に長けた典型的なポイントガードである。
クリス・ポールは、過去4度アシスト王に輝いており、現役選手の中でアシスト能力でクリス・ポールを上回る選手はいない。

また、クリス・ポールの凄さは、ターンオーバーの少なさにある。ポイントガードと言えばボールを運び、ゲームを組み立てる役割があるためボールを所持する時間は当然長くなる。
そのためターンオーバーは必然的に増えるはずである。
しかし、クリス・ポールはその中でもターンオーバーが少ない。

2017年3月8日現在のアシストランキングではラッセル・ウエストブルック、ジョン・ウォール、ジェームズ・ハーデンに続く4位となっているが、その3選手とアシストで5位のレブロン・ジェームズは同時にターンオーバーのワースト4位に入ってしまっている。
しかし、クリス・ポールはターンオーバー数では32位と、これだけボールを所持し、アシストをしている選手としては驚異の少なさである。

昨年にはNBA史上初、20ポイント20アシスト0ターンオーバーという驚愕の記録を残した。
ロサンゼルス・クリッパーズはブレイク・グリフィンやディアンドレ・ジョーダンといったリーグ屈指のインサイドプレイヤーを擁しながらプレイオフでは結果を残せず敗退してしまっている。
今年こそクリッパーズがプレイオフを制するためには、クリス・ポールの活躍なくしてあり得ない。

カテゴリーNBA