新装開店した渋谷「ピエール・エルメ・パリ」のオススメ商品は?

店名:ピエール・エルメ・パリ
住所:渋谷区神宮前5-51-8ラ・ポルト青山1・2F
電話:03-5485-7766

ピエール・エルメ・パリは2016年12月にリニューアルされたので、店内はピカピカで綺麗です。
天井は木製で、しかも何100本もの細長い枝が付けられていて蛇腹のようになっているから不思議な感じがします。

しかし床やショーウィンドウの台は灰色をメインとした石で店の周りはガラス張りなので、風格も感じられます。
ケースの中に入れられたケーキ達が、宝石のようにも見えます。
窓際に席が用意されているのも、素敵でしょう。

それに店員さんは臨機応変に動いていますし、注目しやすいようにメニューの説明をしてくれます。
なので来店が初めてでも、買い物しやすいでしょう。

また外国人の店員さんがいる事から、グローバル化が進んでいる事が伺えます。
流石はフランスを軸に開店した、お店だと思えました。

それと外国人の店員さんは、日本語もとても上手でした。
そんな洋菓子店には単品のパウンドケーキ類とセットのマカロンが9種類販売されていて、チョコレートとケーキは20個を超えています。

さらにサブレやクッキー等の、大体のスイーツは揃っていました。
オススメしたいのは、「ケーク オフリュイ」です。
ココア(チョコレート)生地のパウンドケーキですが、中にはスライスされたアーモンドやドライフルーツが入っています。

また上には、色とりどりのグミも乗っています。
そのため地中から、ジュエリーが見つかった現場みたいに見えるのです。

それとラム酒が入っているようで、アルコールらしき苦味を感じます。
けれどスポンジの甘味やフルーツの甘味とラム酒が上手く調和しているので、お酒臭さは有りません。
食感も中までしっかり焼けた生地にパリパリのアーモンドと弾力の強い具が乗っているので、歯応えが有ります。

ですがパサパサしていて喉を通らないなんて事は無く、むしろスルスルと喉を通過して行ったのです。
何より芳ばしい香りが、食欲をそそりました。
パウンドケーキ界の、王者と言っても過言では無いでしょう。