佐野選手は新しいベイスターズの大砲候補になれるか?

オープン戦も徐々に本格的になってきていますが横浜DeNAベイスターズでは、佐野恵太選手の躍動ぶりが目立っていますね。
佐野選手は、2016年ドラフト9位で明治大学からベイスターズに入団しました。

明治大学時代は通算打率.270、本塁打は6本で15年の秋季リーグ、16年の春季リーグではファーストのベストナインに輝いています。
東京六大学ではリーグ屈指の強打者と評価を受けていました。

叔父がソフトバンク3軍打撃コーチの佐々木誠さんとサラブレッドです。
ドラフトで評価が低かったのはポジションがファーストというが原因と言われています。
キャンプでは外野の練習もしているようですね。

WBCのため、ペナントレース序盤は筒香選手が不在の可能性が高く、その間のレフトは空席になります。
乙坂、関根選手などがライバルになると思いますが、強打という点で佐野選手がリードできると思います。

今秋のドラフト会議で、ベイスターズは、早稲田実業の清宮選手を指名することが有力視されています。ただ、佐野選手の活躍によっては、競合覚悟で清宮選手の指名をせず、他の有望選手の指名も可能になると思います(逆に佐野選手は今年活躍しないと、清宮選手というとんでもないライバルが出現することになってしまうかもしれません。)。

ですので、是非、今年、佐野選手にはしっかりとした結果を残してほしいと期待します。