ATP世界ランキング第5位。カメラにサインしている姿が素敵な錦織圭。

1989年生まれ27歳、身長178センチ、体重75キロの日清食品所属の男子プロテニスプレイヤーです。
錦織圭(にしこり けい)さんと読みます。
圭という名前は、錦織 圭さんが生まれた時ご両親が「世界にも通用する外国人でも親しみやすい名前」
という事で名づけたそうです。

出身地は島根県ですが高校は、青森山田高等学校を卒業しています。
青森山田高等学校は部活動が全国レベルで多くの有名スポーツ選手を輩出しています。
テニスラケットを持ったのは5歳の時で、小学校4年生の時には全国小学生テニス選手権大会に出場しました。

2001年、錦織圭さんが小学校6年生の時に全国24名の有力選手が集まる全国選抜ジュニアテニス選手権大会で優勝しました。
この大会で私の知り合いが錦織圭さんと対戦したのですが、ボールの早さと重さは別格だったと話していました。
もうこの頃からテニスの天才だったのですね。

そして、その大会を観戦しに来ていたテニスプレーヤーの松岡修造さんの目にとまり、
「修造チャレンジトップジュニアキャンプ」に招待され参加します。
その後の学生時代は全て好成績を残す素晴らしい活躍をします。

そして2007年にプロへ転向し、2008年ATPツアーで初優勝。
2011年には日本人男子歴代最高ランクの30位にランクし、2014年グランドスラム準優勝、
マスターズ1000準優勝、500シリーズ優勝2回に250シリーズ優勝2回の好成績を残し、
アジア人男子初のATPワールドツアー・ファイナル出場が決まり、ATP世界ランクは第5位となりました。

2016年のリオデジャネイロオリンピックでは実に日本人では96年ぶりの快挙となる銅メダル獲得。
錦織圭さんが世界にも通用する力をつける事ができたのは、2013年にコーチに就任したマイケル・チャン氏の存在だと言われています。
マイケル・チャン氏も元プロテニスプレーヤーで1989年にわずか17歳で全米オープンを優勝した世界のトッププレーヤーでした。

こんな世界で活躍しているにもかかわらず日本のバラエティー番組「とんねるずのスポーツ王」にコーチと共に出演し、とてもお茶目でおっとりとした愛くるしい姿がまた人気を高めています。
またカメラにサインしている姿が超カッコいいと話題を集めています。