横浜マリノスの10番を今年から背負う斎藤学選手。

名門横浜マリノスは今年の開幕を迎えるにあたって大きな問題を抱えていました。
ことの発端は去年から続くフロント主導で連れてこられたフランス人のモンバエルツ監督の選手との対立といわれています。
原因は起用法なのか戦術的なことなのかそれ以外のことなのかわかりませんが、去年のリーグ戦の途中からチームとフロントが半ば空中分解のようになっており、シーズンの成績も年間10位と低迷しました。

そしてシーズン終了後問題が爆発します。
マリノスのフロントはベテランの中澤、栗原らに大幅減俸が提示し、モンバエルツ監督の続投も決定。
選手の多くはフロントと監督に不満を持ち、サポーターもこのフロントの行為に反発します。

そして決定打はマリノスの顔で生え抜きの中村俊輔のジュビロへの移籍という事態を招いてしまいました。
時期エース候補の斎藤学は海外志望のためオファーを待っていたため戦力としてみられていなかったため2017年のマリノスは一体どうなってしまうのだろうという懸念が大きく広がっていました。

ところがです、この斎藤選手に海外のクラブからオファーは残念ながら届きませんでした。
そこで開幕直前になって斎藤選手はマリノスと再契約することになりました。

しかも中村俊輔がつけていたマリノスの10番を背負ってです。
これは斎藤学選手がマリノスのために自らが中心となって引っ張っていくという意気込みを皆に感じさせました。

今シーズンのJリーグが開幕し斎藤学選手のドリブルがキレキレです。
また新外国人のウーゴ・ヴィエイラとバブンスキの活躍もあってマリノスも好調です。
ワールドカップ出場を目指す日本代表に斎藤学が選ばれないのがまるでわからないくらいサイドのドリブルの動きが日本人の中でも頭一つ抜けています。

個人的に試合に出てなくタイプの近い宇佐美より、絶対に斎藤学のほうが現時点では優れていると思います。
斎藤学のサイドでの個人突破力は試合の終盤で出てこられたら絶対にDFは嫌なはずです。

なんでハリルホジッチは選ばないかなと思います。
それでも今後Jリーグで代表に呼ばざるを得ないほどとんでもなく活躍して、選ばれなかったら国民からブーイングを受けるほどの選手になってほしいと願っています。