早くも貫禄が出ている稀勢の里関!新横綱は昔の武士のようでした。

大相撲春場所、千秋楽に奇跡の展開が待っていました。13日目に左肩を負傷し、14日目には何もできずに負けてしまった稀勢の里関。
しかし、相撲の神様が舞い降りたかのような逆転優勝劇を見せてくれました。
誰もが諦めていたと思います。
休場した方がいいのではと思っていましたし、せっかく横綱の昇進したばかりなので、無理はしないでほしかったからです。

苦労の末に掴んだ横綱の地位なのに、ケガをした時に「どうして神様は試練を与えるのだろう?」と思いました。
このままケガが致命的となって短命の横綱になってしまうのではという考えがよぎりました。

けれど、千秋楽の稀勢の里関は、好調の照ノ富士関に2度も続けて勝ちました。
土俵では勝っても負けても表情を変えなかった横綱が、優勝した時は号泣。
この姿には本当に感動しました。

ケガの状態を聞かれても「放って置けば治る」と言って決して弱さを見せない、言い訳もしない横綱は武士のようでした。
口数が少ない分、重みのある言葉にとても惹かれます。

今後も優勝が期待される立場にあるわけですが、稀勢の里関は横綱になって「良かった」のではと思います。
地位が人を作るような気がします。
それだけの責任と重圧を分かっている稀勢の里関なので、今まで以上に努力をして強くなっていくのではと感じています。