ブルーベリーフィールズ紀伊國屋(大津市)、秘境のフレンチ。

店名:ブルーベリーフィールズ紀伊國屋
住所:滋賀県大津市伊香山上龍
電話:077-598-2623

ブルーベリーフィールズ紀伊國屋は、初めて行く人はカーナビを見ていても「え?本当にここにあるの?」と迷ってしまうような山の上にあります。
ずんずんと進んでいくと、ブルーベリー畑の横に小さなレストランが。

ブルーベリーフィールズ紀伊國屋のランチとディナーはそれぞれ要予約制で、アフタヌーンティーは予約無しで入れます。
ランチもディナーも3780円と5400円の2コースから選べます。

お料理の内容は季節によって異なります。
とても辺鄙なところに店舗がある為、ブルーベリーフィールズ紀伊國屋でしか食べれないものを食べていただきたい、というオーナーさんの想いが詰まったお料理は本当に味が良いです。

お料理が運ばれる度にこだわりを説明してくださいます。
調理や、素材がもつ効能なども説明してくださり、ひと皿にかける情熱を感じます。
余計なものは使わず、素材の旨味を活かす、しかし下ごしらえなどにかなり手が込んでいる美しい料理は、かなりテンションがあがります。

ブルーベリーフィールズ紀伊國屋で印象的だったのが、滋賀県名物である鮒寿司のピザです。
恐る恐る食べてみると、あの鮒寿司特有の臭みは全く無く、むしろそれが旨味となって奥深くとても美味しかったです。

パンも数種類焼き立てが運ばれてきます。
どれも大変美味しく、バターにもハーブが練りこまれ、細かいところにもこだわりを感じます。

お料理は本当にどれもハズレが無く、感動するくらい美味しかったです。
最後のティーをプラス料金で生のハーブティに出来るのですが、今まで飲んでいたハーブティは何だったのか、と思わせる程良い香りで、正に至福のひととき…。

美しい琵琶湖を眺めながら、ブルーベリーフィールズ紀伊國屋で最高の食事ができました。