あみかふぇ、奈良市大和西大寺にあるママに嬉しい自然派カフェ

店名:あみかふぇ
住所:奈良市二条町2丁目2-8
電話:0742-33-1188

あみかふぇは、近鉄大和西大寺駅の近くにあるカフェです。
2019年3月までは子育て支援センターと隣接していたこともあってか、ママに嬉しいお店でした。

あみかふぇのお店のコンセプトは自然派で、野菜たっぷりのメニューに、余計なものを排除した調味料など、こだわりが感じられます。

ママ友さんと、生後半年の乳児を連れて来店しました。
木を基調としたナチュラルな明るい店内で、気持ちまで明るくなるようでした。

最初は普通の席に座っていたのですが、あみかふぇ店員さんから「半個室の席が空いたので、もしご希望でしたら移動されますか?」とご提案頂きました。

子供たちはずっと大人しくしていたので、うるさいとかそういう意味ではなく、シンプルに親切な接客です。
お陰様で、周りの目を気にせず授乳することができました。

テラス席にはワンちゃんと一緒のお客さんもいました。
あみかふぇは、子供やペット連れに優しいお店です。

私はAMIランチという、お店の名前がついたランチプレートを注文しました。
値段は1300円、カフェのランチだとこんなものかなといった価格です。

ボリュームは、女性なら満足できるちょうど良い量でした。
小さな前菜が4品もついており、見て楽しい、食べて楽しいプレートでした。

野菜たっぷり、無添加の身体に優しい料理なので、食べたものが母乳に出る授乳期には嬉しいメニューでした。
幼児食になった子供さんにも、安心して取り分けられると思います。

あみかふぇのランチメニューは、他にも1000円~1500円前後を中心に複数あったので、また訪問して別のメニューにチャレンジしてみたいです。

カフェコムサ 本川越ぺぺ店でゆったりとタルトを楽しむ

店名:カフェコムサ 本川越ぺぺ店
住所:埼玉県川越市新富町1-22 1F
電話:049-223-1233

カフェコムサは元々大好きなのですが、本川越の駅目の前に新しくカフェコムサがあったので入ってみました。
店内はそんなに広くはありません。

カフェコムサ 本川越ぺぺ店はカウンター7席ぐらい、二人席5席ぐらいですね。
でも窓も大きくて解放感があり、新しいのでとっても綺麗で清潔感があります。

スタッフの人はその時は2人で忙しそうでした。
ここは長い四角のタルトが4種類ぐらい並んでいました。
カフェコムサ 本川越ぺぺ店のケーキは本当に美しくフルーツがキラキラしていました。

私はイチゴやベリーがたくさん乗ったタルトをチョイス。
それにほうじ茶ラテをつけて1000円ぐらいでした。

タルトの中はカスタードクリームがたっぷりはいっていて、上にのったフルーツがとっても新鮮で薄くスライスされたマンゴーが本当においしくてびっくりしました。

ほうじ茶ラテもすごくおいしくて、幸せな時間を過ごすことができました。川越のまったりとした雰囲気がまたいいですね。
カフェコムサ 本川越ぺぺ店は、本川越駅の本当にすぐ目の前なので、小江戸川越の散策帰りなどに寄るのもいいかもしれませんね。

パスタなどもあるみたいなので、今度はパスタを食べたいとおもいます。

アンティークな空間を楽しめる守谷市のカフェ・ド・ラパン

守谷市にあるカフェ・ド・ラパンはアンティークな空間を楽しめるイタリアン専門店です。
ヨーロッパのカフェにいるかのようなそのお洒落な空間と一品一品こだわりのあるお料理を楽しむためにオタクの人が訪れ、休日には予約をとらなければ満席になってしまう程です。

カフェ・ド・ラパンは、一番人気のパスタの種類も豊富で、ランチメニューでは1000円前後とお手頃価格でお楽しみいただけます。
また、パスタの他にもサラダ、サンド、ビザなども人気が高く多くの人に支持されています。

そのお洒落で可愛らしい空間から、記念日やお祝い事などに訪れる人も多いです。

カフェ・ド・ラパンではお客様の要望に合わせてオリジナルのパーティーメニューの予約をすることも可能です。
また、誕生日や記念日などには事前に予約を入れておけばプレートの用意もしてくれます。

また、通常のディナーメニューに加え、クリスマスの時期にはクリスマス限定メニューも用意されており、カフェ・ド・ラパン店内はクリスマスの飾り付けもされていて夜にはライトアップされます。
大切な人と過ごすのにはもってこいのお店です。

カフェ・ド・ラパン、大切なご家族と、恋人と、ご友人と、是非一度訪れてみてはいかがでしょうか。

店名:カフェ・ド・ラパン守谷店
住所:茨城県守谷市百合ヶ丘2-2731-3
電話:0297-48-6181

星乃珈琲店 スフレ館 下北沢店、東京都世田谷区の雑踏の中の落ち着いた空間

店名:星乃珈琲店 スフレ館 下北沢店
住所:東京都世田谷区北沢2-12-12 桑田ビル B1F
電話:03-5787-3873

下北沢駅南口を出て徒歩1分、商店街の中にある星乃珈琲店です。
ビルの地下1階にあるためか、店内に入った瞬間落ち着いた静かな空間を感じることができて、ほっとします。

ちょっとした仕事の打ち合わせにも使いやすいお店です。
星乃珈琲店の店員さんの接客が丁寧で、かと言って必要以上の接客はしないので、のんびりと落ち着いて過ごすことができます。

星乃珈琲店おすすめメニューはなんといっても、窯焼きのスフレパンケーキ(530円、スフレ―パンケーキダブルは680円)です。
ナイフを入れ、一口運んだ瞬間にふわっととろけるような食感のパンケーキは、他のお店では体験できない感覚だと思います。

食感が軽い割に意外とボリュームがあるため、昼食などにするのもおすすめです。
星乃珈琲店のスフレパンケーキは、季節のメニューがあるのも嬉しいところです。季節ごとにどんなメニューになるのか楽しみです。

一杯づつ丁寧に淹れているというコーヒー(ブレンド・480円)との相性もぴったりです。
星乃珈琲店のコーヒーは苦みがありつつも、すっきりとした喉越しで、どなたでもおいしく飲めると思います。

岐阜県岐阜市、ba7cafe(ばななかふぇ)は町の小さな喫茶店

店名:ba7cafe(ばななかふぇ)
住所:岐阜県岐阜市柳津町東塚1丁目62
電話:058-374-0977

ba7cafe(ばななかふぇ)は、閑静なところにひっそりとある感じの小さなお店ではありますが、周辺では大きな人気を持っている喫茶店です。
地元のテレビ局がくるレベルで、朝食時や昼食時はいつも混んでいるお店です。

ba7cafe(ばななかふぇ)の雰囲気は、森にありそうなコテージといった感じで、なんとなく欧州の田舎の家といった感じでこじんまりしています。
この日はモーニングを食べてみたわけでありますが、なかなか食材が変わっている感じです。

サラダにはちょっとよくわからない豆?のようなものを使ってみたり、あまり普通の喫茶店では見ないような野菜を使ったりと、ba7cafe(ばななかふぇ)はちょっと変わっています。
ゼリーといったものも、独自で創作した感じがしてなかなかおいしかったです。

ba7cafe(ばななかふぇ)はモーニングも変わっていますが、お昼もまた変わったものがあったりするわけです。
お店の名前にもあるバナナをカレーの材料にするといった斬新なメニューもあるようで。
(これがなかなかに好評だとか)

その他にも、他のお店ではなかなか見ないようなメニューがありますので、お昼も行ってみたいと思います。

ちょっと昔は駐車場が狭くて、ba7cafe(ばななかふぇ)は車で来るにはちょっと苦労するような感じではありましたが、お店から見て道路を挟んだところに大きな駐車場ができましたので、
色々な人が来れるようなお店になったのではないかと思います。

ba7cafe(ばななかふぇ)は、お店の方も気さくな方ですので、気軽にお話ししてみるのもいいでしょう。

愛知県の子供連れに優しいお店 くらくらPLUS春日井店

店名:くらくらPLUS春日井店
住所:愛知県春日井市堀の内町2-16-25
電話:050-3466-2184

くらくらPLUSのランチは、女性が好きないろんな種類を少しずつ楽しめるメニューになっていますし、野菜も豊富に使用されている所も魅力的です。
健康志向の方にも黒酢でさっぱりな酢豚や玄米ご飯があったり、プチデザートセットがあったりと女性の気持ちを分かってくれていて、沢山食べても安心です。

私は、鶏・黒酢ランチを食べましたが、ボリュームあってすべて美味しく満足でした。
くらくらPLUSは、子供連れの方も多く来店されているので、安心して行くことが出来ます。

キッズメニューも充実していて、沢山の種類ありますし、子供用の食器も用意してくれてありますし、座敷もあるので子供連れには嬉しいお店です。

くらくらPLUSは、ママ友との食事会によく使用しています。
価格も1000円前後とリーズナブルで魅力的ですよ。

夜は、お酒もあり、女性が好きなバーニャカウダなどのメニューがあるので、くらくらPLUSはデートにおすすめです。
店員さんの接客も気持ち良く、居心地が良い空間となっています。

くらくらPLUS店内も白と茶色で統一感あり、清潔感もあり、落ち着いている雰囲気で、ゆったりくつろいで、おしゃべり出来ますよ。
また、記念日には、かわいいケーキも用意してもらえるので、思い出になりますし、結婚式の二次会やパーティーにも使用出来るお店です。

浅草の老舗喫茶店ローヤルでレトロな雰囲気を堪能

浅草駅から徒歩五分ほどの場所にある、喫茶店ローヤルは、外観からレトロな雰囲気漂う喫茶店です。
ローヤル珈琲店の店内は、奥の座席に一段段差があり、壁にガラスが貼られているためか広く感じられます。

ワイン色のベロアのソファーはさわり心地がよく、色合いも古風でレトロな雰囲気をいっそう引き立てており、照明もオレンジです落ち着いているのもよいです。

ローヤル珈琲店のメニューはコーヒーのほか、ウィンナーコーヒーもあり、甘くないクリームのタイプが出てきます。
食事も豊富で、スパゲッティのほか、ホットサンドの種類が豊富です。玉子やチーズなど定番から、あんこの入ったデザート系のホットサンドもあり、懐かしい気分が味わえます。

ローヤル珈琲店はデザートも充実しており、チーズケーキはもちろんパフェも種類が豊富で、ドリンクのジュース類ももちろんありますので、お子さまが一緒でも安心です。
さらに、喫茶店では珍しいうめこぶ茶まであり、ローヤル珈琲店はどなたにもひらかれた喫茶店という印象です。

レトロな喫茶店といえば目に楽しいクリームソーダなどもほしくなりますが、もちろんチェリーの乗ったクリーソーダがでてきます。
ローヤル珈琲店は、どこをとってもレトロで絵になる素敵な喫茶店です。

店名:ローヤル珈琲店 本店
住所:東京都台東区浅草1-39-7
電話:03-3844-3012