川豊、千葉県成田市にある老舗のおすすめ鰻屋

店名:川豊
住所:〒286-0027 千葉県成田市仲町386
電話:0476-22-2711

うなぎを食べさせるお見せというのは全国各地に無数にあります。
うな重というのは一見単純な料理のように見えますが、実は奥が深く、お店によってその品質はバラバラです。

せっかく高いお金を出して食べるのだから、満足の行くうなぎが食べたいという方はぜひこの成田山参道にある老舗、「川豊」がおすすめです。

川豊に言ってまず目に入るのは、店頭でうなぎをさばき、焼く、職人さんたちの鮮やかな技術です。
また、成田は昔からうなぎの産地とされ、老舗ならではの良質な材料を揃えているので、いつ来店しても高品質のうな重を食べることができます。

川豊おすすめの料理はなんと言っても、看板メニューである「うな重」です。
目の前でさばかれ、炭火で焼かれたばかりの渋滞で供されるうな重はまさに絶品で、関東でもトップを争えるほどの味です。

一度食べたらきっと忘れることはできないでしょう。
近年の資源の枯渇から徐々に価格が上昇し、現在では並のうな重が2700円と少々お高くなってしまっていますが、成田に立ち寄った際はぜひとも試して見るだけの価値があります。

江戸時代から続いているような風情ある川豊の店内はいつも活気に満ち、店員さんは客の側の注文にも気さくに答えてくれます。
川豊は接客に関しても全く問題はなく、気分良く食事を楽しむことができるでしょう。

しゃぶ葉 深谷店の平日ランチは安くてお腹いっぱいで大満足

しゃぶ葉は食べ放題で夜の時間帯ではそこそこの値段が行きますが、平日の昼ランチでは安くてお腹いっぱい食べられます。

店名:しゃぶ葉 深谷店
住所:〒3660051 埼玉県深谷市上柴町東4丁目19-8
電話:048-551-1014

しゃぶ葉の平日のランチで食べられる食べ放題のお肉は豚肉になります。
よく注文をするのが、三元豚バラ肉食べ放題ランチです。
価格は999です。食べ放題の時間制限は60分です。

食べ放題のお肉は三元豚バラ肉になりますが、いくらでも食べられます。
お肉が柔らかくてとても美味しいです。
なので制限時間いっぱいまで食べています。

また、しゃぶ葉は新鮮野菜・たれ・薬味・サラダ・うどん・ラーメン・ご飯・カレー・デザートなどが自由に持ってきて良いのでお腹いっぱい食べられて美味しい、そして安いので大満足です。

そして、昼の時間帯で土曜日・日曜日・祝日の場合は価格がプラス100円で1099円で食べられます。
コレでも安いと思います。

他にも、しゃぶ葉は三元豚食べ放題ランチがあります。
価格は1199円です。
こちらも土曜日・日曜日・祝日はプラス100円です。
時間制限は60分です。

こちらは、三元豚肩ロース・三元豚バラ肉・塩麹鶏肉の3種が食べ放題になります。
豚肩ロースはバラ肉と違い油っこくないです。

塩麹鶏肉はしっかりとした肉質で柔らかくて美味しいです。
何よりも、どれもとても美味しかったです。

しゃぶ葉は値段の割にお腹いっぱい食べられて大満足なのでオススメです。

道三、金沢市にある大人におすすめの割ぽう居酒屋

石川県金沢市の北部に、「道三」という割ぽう居酒屋があります。

道三はカウンター席と、テーブル席が4席ほどの小さなお店で、調理は大将が一人で切り盛りされているようなお店です。
そのため、大勢で行くと、料理が出てくるまでに少し時間がかかってしまうのですが、落ち着いたお店なので、ゆっくりお酒を飲みながら待つのもいいのではないでしょうか。

道三おすすめは海鮮系です。
お刺身はもちろん鮮度抜群ですし、サバのお寿司もおいしいです。
ボリュームもすごいので、天ぷらなんかは、4人で行って2人前でも十分に満足できると思います。

海鮮系以外のおすすめで言うと、間違いなく肉じゃがです。
一般的なメニューですが、こちらの道三の肉じゃがは何かが違う。
行くと必ず肉じゃがを頼みますが、何で味付けされているのかは未だわからずです。
でもおいしい。

コースでの予約は4名様からということで、夫婦二人ではなかなかコースを予約できないのが残念ですが、コースのボリュームもまたすごいです。
いい意味で値段に見合っていません。

道三はいつも混み合っているので、なかなか飛び込みではいけないお店ですが、前もって予定が決まっているときは、ぜひ行ってみてほしいです。

店名:道三
住所:石川県金沢市西念3-8-3
電話:076-263-0554

新潟県長岡市にある海宝丸の海鮮丼が最高においしい!

新潟県長岡市にある海宝丸は、おいしいお寿司や海鮮丼など海の幸をたっぷり味わえる料理が食べられるお店です。
毎日市場で仕入れをしているので新鮮な魚の味わいを楽しめます。

海宝丸おすすめ料理は、「本日の海鮮丼」です。
価格は980円(税別)で、たくさんの新鮮な海鮮が乗っています。

いくらやマグロ、エビなどが、たくさん乗っていてめちゃくちゃおいしいです。
とくにマグロがボリューム感があり最高でした。

海宝丸はこの価格で、こんなに新鮮な海鮮をたくさん食べられるのは本当に幸せです。
とってもお得でおいしいので、近くに来たらぜひ食べてみてください。

他にも、お寿司や、ラーメン、定食、海老天丼、ポテトなどメニューが豊富なのでファミリーにもおすすめです。

海宝丸の店内は、販売スペースがあり、刺し身や魚の販売もしていて、刺し身や魚を買って帰ることもできます。
新鮮な刺し身や魚を買いたい方にもおすすめです。

お店の雰囲気はおしゃれで居心地がよいです。
接客もとても感じがよいし、注文はタッチパネルで行えるから便利です。
タッチパネルで注文すると注文品がレーンで流れてきます。

新鮮な海の幸をたっぷり味わいたい方におすすめのお店なので、魚好きな方はぜひ海宝丸に食べに行ってみてください。

店名:新潟海宝丸 長岡インター店
住所:新潟県長岡市福山町字本田27-1
電話:0258-21-5021

神奈川県相模原市、くら寿司橋本駅前店は美味しくて接客もすばらしい!

私の好きな食べ物は、お寿司です。
中でも、手軽に食べられる100円回転ずしにはよく行きます。

100円回転ずしのチェーン店はたくさんありますが、おすすめはくら寿司です。

くら寿司は、通常メニューと期間限定メニューがあります。
私が1番好きなのは通常メニューの赤えび一貫です。

くら寿司の大きな赤えびはプリプリで、とても食べ応えがありますよ。
その他、うな玉軍艦や焼きはらす(サーモン)も美味です。

期間限定のメニューでは、最近「KURA ROYAL」というデザートの展開に力を入れているようです。
ファミレスもビックリな豪華なパフェなどが、季節ごとに楽しめますよ。

先日シャインマスカットのパフェを食べてみましたが、カップも動物の顔が描かれていてかわいかったです。
インスタ映えを狙う女子にもおすすめですよ。

くら寿司は全国チェーンなので、たくさんの店舗がありますが、私がおすすめするのは「橋本駅前店」です。
京王相模原線とJR相模線が交わる橋本駅から徒歩2~3分ほどのところにあり、交通も便利です。

くら寿司の店員さんの接客の明るさが、他店舗と比べて格段に良いので、気持ちよく食事ができますよ。

店名:くら寿司 橋本駅前店
住所:神奈川県相模原市緑区橋本3-16-2
電話:042-770-7135

長野市の名刹善光寺を見下ろす絶景!日本料理店の美山亭

店名:美山亭
住所:長野県 長野市 上松 3-6-35
電話:026-235-3800

長野市善光寺の北側、山の斜面を生かした離れの日本料理店が美山亭です。

美山亭は、とにかく眺めと価格に見合うだけの料理の質が素晴らしく、特別な日に最適のお店と言えます。
また、長野市の景観で表彰されたたたずまいは、外見だけでも楽しめるものとなっています。

美山亭おすすめ料理は、昼の料理の信濃牛すき焼き会席です。
夜も素晴らしいのですが、それに見合うだけの金額になりますので、比較的リーズナブルに楽しめる昼の会席がおすすめです。

また、この美山亭はもともと牛すき焼きが名物なので、それを楽しめるという意味でベストなメニューです。
季節を感じさせる前菜から始まり、お造りや酢の物など牛すき焼きをより楽しめるものとなっています。

価格は信州牛すき焼き会席(昼)が5200円となっています。
高額ですが、それに見合うだけの内容です。
このほか金華豚のしゃぶ会席は平日限定ですが3500円です。

美山亭の接客は最高で、たいへん丁寧で親切。
子連れ向けにも配慮しつつ高級料亭らしい接客となっています。

お店の雰囲気はすべての部屋が離れとなっているため会話が全く聞こえませんから、子供が泣いても大丈夫です。
ただ、泣くことはないくらい料理も接客も最高なお店であると付け加えておきます。

神田、うな正で国産うなぎを激安で食す!うなぎが二重のダブルがオススメ!

最近、漁獲量が激減している事から高騰を続けている国産うなぎ。
お店で国産のうなぎを使ったうな丼なんかを食べたらものすごく高いですよね。

けれどそんな国産うなぎのうな丼をとてもリーズナブルなお値段で食べられるお店、「うな正」が東京の神田にあるんです。

店名:うな正
住所:東京都千代田区内神田3-11-1
電話:03-3256-9288

JR神田駅周辺は割と庶民派のお店が多く、リーズナブルな金額で美味しい物が食べられるお店が軒を連ねます。

その中でもうな正は。コスパの良さで多くの人を魅了している名店。
なにしろ、国産うなぎのうなどんが980円で頂けます。

しかも特筆すべきはそんなに安いのに、うな正で供されるうなぎは国産という事。
毎日仕入れるうなぎを、お店でさばいて蒲焼きにしています。

関東風の蒲焼きはふっくらとして、それでいて表面は香ばしく焼き上げられた逸品。
口の中に頬張るとうなぎの香ばしさと絶妙にマッチしたタレの味が広がります。

980円のリーズナブルなうな丼も十分に美味しいのですが、特におすすめなのがうな丼ダブル(1,850円)です。

なんとうなぎが二重になったうな丼です。
蒲焼きの上にもう一度ごはんを敷き、その上にさらにうなぎの蒲焼きが乗るというなんとも豪華なうな丼です。

国産のうなぎがこのお値段で、しかもダブルで食べられるなんて本当にあり得ません。
普段は980円のうな丼、少しお小遣いが余っている時はうな丼ダブルでというお父さんが多いようですね。

最近ではうなぎの高騰で仕入れの金額もどんどん上がっているようですが、うな正は頑張ってこのお値段をキープしてくれています。
是非、神田に立ち寄ったらうな正で美味しいうな丼に舌鼓を打ってみてはいかがですか?