高安関の口上は同部屋の稀勢の里関とよく似てシンプルだった。

大相撲夏場所が終わり11勝をあげ、直近の3場所33勝という条件をクリアし大関に昇進した高安関。
2015年の照ノ富士関が昇進して以来2年ぶりの大関誕生となり、日本人力士では2014年の豪栄道関以来3年ぶりとなります。

31日に大関伝達式が行われ、高安関の口上が注目されましたが「正々堂々精進いたします」というシンプルな口上でした。
1月に横綱に昇進した兄弟子の稀勢の里関も「横綱の名に恥じぬよう」というとてもシンプルなものでした。
稀勢の里関はちょっと噛んでしまいましたが、高安関は無事口上を伝え終えました。

同じ部屋で同じ親方に指導を受けていた2人。
性格や考え方もよく似ているのかもしれません。

2人とも立ち合いで変化をしたりせず、正面から相手にぶつかるという姿勢を貫いているように思います。
正々堂々戦うという言葉がぴったりです。

高安関が昇進したことを「こんないうれしいことはない」と言っていました。
自分のことのように喜んでいた姿が印象的でした。

いつも場所中にインタビューを受けている時は堂々としてクールな高安関も稀勢の里関の前では後輩らしく小さくなっていたように感じます。
それにしても、2人が笑顔で写真に納まる姿がとても微笑ましかったです。

スイスの2番手とは言わせない、テニス世界ランキング3位ワウリンカ選手。

テニスでスイス出身といえば、フェデラー選手という方が多いと思いますが、今回ご紹介するのはスタン・ワウリンカ選手です。
ワウリンカ選手の最大の特徴といえば、世界No.1ともいえる片手のバックハンドです。
この片手バックハンドによって、逆サイドに外に逃げたボールをポール回しで返球するシーンが最高に痺れます。

通常片手バックハンドはリーチが長い分、コントロールが難しく、高い打点のバックハンドは両手打ちの方が向いているのですが、ダウンザラインでストレートへのショットが一番の持ち味です。このショットはネットへ出てきた相手や、ラリー展開を得意とするプレーヤーに対しても非常に有力で、破壊力があります。

またフォアハンドのストロークやサーブなども威力があり、一発の打撃力は非常に力があります。
最近のトップ選手はディフェンス力に長けており、長いラリーの中でも自分からはミスをしないテニスで相手を追い込むのですが、ワウリンカ選手のように自分から攻めまくって大きな武器を持っていることで、相手へプレッシャーをかけることが出来ます。

2015年の全仏では当時世界ランク1位で、生涯グランドスラムに大手をかけたジョコビッチ選手に対して、ネットプレーに出ることを警戒させ、ラケットを折らせるまで追い込んだテニスが魅力的でした。

横綱、稀勢の里を長年応援していて思ったこと。

私は稀勢の里を長年応援している相撲ファンです。
朝青龍全盛期の時代から横綱キラーとして活躍していた稀勢の里ですが、大関昇進までは出世も早かったのですが、横綱になるまでの期間がとても長かったのです。
横綱白鵬より早く横綱になるのではと当時言われていたのですが、白鵬に遅れをとってしまいました。

大関時代から横綱の力はあるのですが、相撲が不器用で腰が少し高いせいで、取りこぼしの相撲が多くて何度も優勝を逃しました。
日馬富士や鶴竜が横綱に昇進していくなか稀勢の里自信が1番くやしい思いをしていたんだろうと思います。
相撲ファンの思いは早く日本人横綱の誕生を待ち望んでいました。

大関のなかで横綱に1番近い力士が稀勢の里でした。
優勝まであと少しの場面が何度もあったのですが、白鵬の壁があり、年間最多勝でありながら優勝がない不運な大関でもありました。

しかし今年の初場所ついに念願の初優勝を成し遂げて日本人力士で久しぶりの横綱が誕生しました。
先代の師匠隆の里も30歳を過ぎてからの横綱昇進をはたしており、おしん横綱といわれていました。

稀勢の里の活躍は先場所も日馬富士戦で大ケガをしながらも奇跡の逆転優勝を成し遂げて相撲ファンに大きな感動を与えてくれました。
これからの稀勢の里の活躍を願っています。

早くも貫禄が出ている稀勢の里関!新横綱は昔の武士のようでした。

大相撲春場所、千秋楽に奇跡の展開が待っていました。13日目に左肩を負傷し、14日目には何もできずに負けてしまった稀勢の里関。
しかし、相撲の神様が舞い降りたかのような逆転優勝劇を見せてくれました。
誰もが諦めていたと思います。
休場した方がいいのではと思っていましたし、せっかく横綱の昇進したばかりなので、無理はしないでほしかったからです。

苦労の末に掴んだ横綱の地位なのに、ケガをした時に「どうして神様は試練を与えるのだろう?」と思いました。
このままケガが致命的となって短命の横綱になってしまうのではという考えがよぎりました。

けれど、千秋楽の稀勢の里関は、好調の照ノ富士関に2度も続けて勝ちました。
土俵では勝っても負けても表情を変えなかった横綱が、優勝した時は号泣。
この姿には本当に感動しました。

ケガの状態を聞かれても「放って置けば治る」と言って決して弱さを見せない、言い訳もしない横綱は武士のようでした。
口数が少ない分、重みのある言葉にとても惹かれます。

今後も優勝が期待される立場にあるわけですが、稀勢の里関は横綱になって「良かった」のではと思います。
地位が人を作るような気がします。
それだけの責任と重圧を分かっている稀勢の里関なので、今まで以上に努力をして強くなっていくのではと感じています。

横浜マリノスの10番を今年から背負う斎藤学選手。

名門横浜マリノスは今年の開幕を迎えるにあたって大きな問題を抱えていました。
ことの発端は去年から続くフロント主導で連れてこられたフランス人のモンバエルツ監督の選手との対立といわれています。
原因は起用法なのか戦術的なことなのかそれ以外のことなのかわかりませんが、去年のリーグ戦の途中からチームとフロントが半ば空中分解のようになっており、シーズンの成績も年間10位と低迷しました。

そしてシーズン終了後問題が爆発します。
マリノスのフロントはベテランの中澤、栗原らに大幅減俸が提示し、モンバエルツ監督の続投も決定。
選手の多くはフロントと監督に不満を持ち、サポーターもこのフロントの行為に反発します。

そして決定打はマリノスの顔で生え抜きの中村俊輔のジュビロへの移籍という事態を招いてしまいました。
時期エース候補の斎藤学は海外志望のためオファーを待っていたため戦力としてみられていなかったため2017年のマリノスは一体どうなってしまうのだろうという懸念が大きく広がっていました。

ところがです、この斎藤選手に海外のクラブからオファーは残念ながら届きませんでした。
そこで開幕直前になって斎藤選手はマリノスと再契約することになりました。

しかも中村俊輔がつけていたマリノスの10番を背負ってです。
これは斎藤学選手がマリノスのために自らが中心となって引っ張っていくという意気込みを皆に感じさせました。

今シーズンのJリーグが開幕し斎藤学選手のドリブルがキレキレです。
また新外国人のウーゴ・ヴィエイラとバブンスキの活躍もあってマリノスも好調です。
ワールドカップ出場を目指す日本代表に斎藤学が選ばれないのがまるでわからないくらいサイドのドリブルの動きが日本人の中でも頭一つ抜けています。

個人的に試合に出てなくタイプの近い宇佐美より、絶対に斎藤学のほうが現時点では優れていると思います。
斎藤学のサイドでの個人突破力は試合の終盤で出てこられたら絶対にDFは嫌なはずです。

なんでハリルホジッチは選ばないかなと思います。
それでも今後Jリーグで代表に呼ばざるを得ないほどとんでもなく活躍して、選ばれなかったら国民からブーイングを受けるほどの選手になってほしいと願っています。

サガン鳥栖に加入したビクトル・イバルボ選手に期待!

Jリーグは、既に開幕してから1か月ほどが経過しました。
今年は、例年以上に各チームが積極的に補強を行い、Jリーグのチーム間で主力選手が移籍し合ったり、代表歴のある外国人選手も何名か加入したりと、移籍市場はとても活発でした。

そんな中、突然サガン鳥栖に新たな助っ人が加入することが発表されました。
サガン鳥栖に入団することになったのは、コロンビア代表として2014年ブラジルワールドカップに出場した、ビクトル・イバルボ選手です。
ビクトル・イバルボ選手は、世界的に有名とまではいかないので、サッカーにそこまで詳しくない人にはなじみのない選手かもしれませんが、そこそこ詳しい人なら、知っている人も多いはずです。

私も、もちろんビクトル・イバルボ選手の事は知っていたので、ちょっと前までコロンビア代表として試合に出ていたフォワードが来るなんてスゴイ!とびっくりしてしまいました。
契約は今年度いっぱいのようですが、ビクトル・イバルボ選手はさっそく、加入して数日しかたっていないのにもかかわらずスタメンで試合に出場して、観戦に訪れたファンを興奮させたようです。

私は、ビクトル・イバルボ選手がたくさんゴールを奪うのではないかと、とても期待しています。
彼は、フィジカルが強くシュート力もあるので、上手くチームにフィットすれば、得点王争いも可能だと思うのです。

そうなれば、サガン鳥栖も上位が狙えるので、今から本当に楽しみです。
ビクトル・イバルボ選手の活躍に期待しています!

プロテニスプレーヤーの錦織圭選手について思うこと。

テニスの錦織圭選手。
私が彼を知ったのは2005年全豪オープンの3回戦、ダビド・フェレール選手を破った試合だった。
フェレール選手といえば、当時テニス雑誌で数多く取り上げられ、当時のランキングは4位。
私も好きな選手だ。

試合は観ていなかったが、日本人選手がここまでできるのか。と、とても興味を持った。
その後錦織選手が出る試合はなるべく観るようにしていたが、怪我に苦しむ記事が多く、やはり世界の中では体格も小さく、その分無理をしなければ上にはいけないのかと感じてしまった。

ところがここ近年良い意味で錦織選手は変わったように思える。
今や世界屈指とも言われるリターン、バックハンドストローク、コートカバーリング、多様なショット、観ていて飽きない。
股抜きショットなど会場を沸かせることも多々ある。
リードされた試合でも、最終セットにひっくり返すことも多く最後まで目が離せない。

そのきっかけは2013年、コーチをマイケル・チャン氏に変えたからではなかと思う。
マイケル・チャン氏も錦織選手と体格が似ている中、ランキング2位まで行った程の人物。
錦織選手とは相性がいいのだろう。

日本人の期待の星、錦織選手。
今後もその活躍が楽しみでならない。