佐野選手は新しいベイスターズの大砲候補になれるか?

オープン戦も徐々に本格的になってきていますが横浜DeNAベイスターズでは、佐野恵太選手の躍動ぶりが目立っていますね。
佐野選手は、2016年ドラフト9位で明治大学からベイスターズに入団しました。

明治大学時代は通算打率.270、本塁打は6本で15年の秋季リーグ、16年の春季リーグではファーストのベストナインに輝いています。
東京六大学ではリーグ屈指の強打者と評価を受けていました。

叔父がソフトバンク3軍打撃コーチの佐々木誠さんとサラブレッドです。
ドラフトで評価が低かったのはポジションがファーストというが原因と言われています。
キャンプでは外野の練習もしているようですね。

WBCのため、ペナントレース序盤は筒香選手が不在の可能性が高く、その間のレフトは空席になります。
乙坂、関根選手などがライバルになると思いますが、強打という点で佐野選手がリードできると思います。

今秋のドラフト会議で、ベイスターズは、早稲田実業の清宮選手を指名することが有力視されています。ただ、佐野選手の活躍によっては、競合覚悟で清宮選手の指名をせず、他の有望選手の指名も可能になると思います(逆に佐野選手は今年活躍しないと、清宮選手というとんでもないライバルが出現することになってしまうかもしれません。)。

ですので、是非、今年、佐野選手にはしっかりとした結果を残してほしいと期待します。

横浜DeNAベイスターズ、2年目の熊原健人投手は大ブレークできるのか?!

3月8日、横浜DeNAベイスターズは、オリックスに6-1のスコアで敗れましたが、2番手で登板した2年目の熊原健人投手は4回を2安打、3奪三振、2四死球と好投を見せました。
熊原選手は2015年ドラフト2位で仙台大学から入団しました。
178㎝とそれ程大柄ではないですが、150㎞を超える速球が武器の本格派右腕です。

昨シーズンもドラフト1位の今永投手とともに即戦力と期待されていたものの、結局18試合の登板で1勝1敗という成績で終わりました。
自主トレーニングでは、三浦大輔投手から、課題だったコントロールについての助言を受け、制球力が増したとのことです。

今シーズン開幕まであと少しです。
今年のベイスターズの先発ローテーション候補としては、石田、今永の両左腕、右の井納の3本柱の他、新外国人のクライン、ウィーランドなどが挙げられていますが、もう1枚、2枚先発候補が必要です。

特にベイスターズは、山口俊投手が巨人にFA移籍して、右の本格派があまりいない状況にあります。
救援陣はリリーフエースの山崎投手をはじめ、三上、須田、田中投手と強力な布陣ですので、熊原投手が台頭し、先発ローテーションを、シーズンを通じて守ってくれるようになれば、ベイスターズの投手陣は盤石の体制になります。
今年こそ、大ブレークを果たして欲しいです。

東京ヤクルトスワローズ山田哲人は3年連続トリプルスリー達成できるのか?

去年、史上初のトリプルスリー複数回達成を記録した山田哲人は、今シーズンもトリプルスリーを三度達成できるのか?
もちろん出来ると思う。
去年も当然マークが厳しくなると予想された中でのシーズンで、しかも終盤に怪我をしつつフル出場してないのに達成したからだ。

よく野球界では、2年目のジンクスという言葉があるが、山田の場合はそれがない。
年齢的にもまだまだ伸び盛りの20代中盤にさしかかった油の乗りかかってる今季は、ひょっとした本塁打王も付いてくるかもしれない。
それぐらいすごい選手だと思う。

ただ気になるのは、30盗塁出来るのかは、チーム事情によっては打順が3番になる可能性があるから、そこは不安だと思う。
昨シーズンも3番で打つ機会が多かったが、やはり1番打者として試合に出てる時の方が、盗塁のチャンスも多い分、稼いでいた気がする。

今シーズンはおそらく、3番山田で行くはずだから、4番バレンティンのチャンスの場面で走りに行く事が出来るのか?
ここが一番の難点だと思う。

シーズン後半にさしかかり、順位がある程度決まっており、消化試合のような展開になっていたら、どんどん走りに行く機会は増えるとは思うが、優勝争いをしていたらそんな事は出来ない可能性が高いと思う。
ただ、山田の足は十分速いので、積極的な攻めであえて走ってチャンスを膨らませるという事もあるのでその時は期待した。
ただ、盗塁の数だけこなせれば今の山田なら3年連続のトリプルスリーは達成出来るはずだ。

怪我が目立つ福岡ソフトバンクホークス内川聖一選手。

2011年横浜ベイスターズより福岡ソフトバンクホークスに移籍し、高い技術実績もさることながら、その人間性もあり、小久保裕記選手の引退の後を受け、ホークスのキャプテンに就任しました。
また日本代表チームの主力、実質的キャプテンとしてチームをけん引しています。

しかし怪我が多く、ちょくちょく試合を欠場することも多く、2016年のクライマックスシリーズにおいては、ファールボールを追ってフェンスに激突し、肋骨を骨折し、日本シリーズは欠場しました。
シーズン中も違和感等という不明瞭なことで欠場しています。

いづれも一生懸命のプレーではありますが、危険回避のテクニック、そのプレーの先がどうなるかの瞬時の判断力、怪我をしない身体づくりがまだまだ三流です。
インタビュー等では、フォアザチームらしいことを語ってはいますが、キャプテンが簡単に前線を離れるべきではありません。

数年前阪神の金本選手が、手を骨折しているにも関わらず、試合に出場し片手でヒットを打ちチームを鼓舞し続けました。
チームの精神的も含めた支柱が簡単に試合を欠場する姿を若い選手も見ており、そういったこれからチームを担うであろう選手の手本にもなりません。

イチロー選手のうような一流中の一流選手は怪我をしません。運がいい訳ではなく怪我をしない身体づくり、怪我をしないプレーを会得しているからこそです。

また自分がチームを離れることがどれだけチームにマイナスになるかも十分に理解しています。
内川選手もバッティング技術並みに怪我をしないプレーも一流を目指し口ばかりではないキャプテン資質を身に付け全てにおいて超一流選手を目指して欲しいものです。

移籍1年目、日本ハムの大田選手は覚醒するのでしょうか?

2008年ドラフト、読売ジャイアンツ1位指名選手が大田泰示選手です。
背番号は55番。
松井選手の背番号を引き継ぎ、期待が大きかったことがわかります。

しかし、1軍に定着することなく、2016年も終わろうとしている頃に日本ハムファイターズに移籍となりました。
大田選手にとっては大事な移籍1年目です。

彼は活躍することはできるのでしょうか。
これまでを振り返りながら考察してみます。

大田選手の魅力はその長打力です。
2016年の日本ハム大谷投手から放った特大のホームランを覚えている人も多いのではないでしょうか。

長打力は持って生まれた才能です。
球団やファンもホームランを量産することを期待していました。

しかし、2016年の成績は114打数23安打で打率.202。ホームランはわずかに4本です。
そして、三振が45と目立って多くなっています。

つまり、バットに当たれば長打力が発揮できるのに、バットに当たらない結果だといえます。
この三振の多さを本人も修正しようとしたようで、シーズン中にもかかわらずにバッティングホームを変えました。
そのフォームは小さくかがみこみ、最後までボールを見極めようとする、長距離バッターには似合わないフォームになっていました。

そんな大田選手を見て確信しました。
期待されながら8年間、結果が出せなかったのは、技術的なモノよりも精神的なモノが大きいのではないかと。
なぜなら、三振を恐れてシーズン中にフォームを修正するなど、周りの声や成績から心が揺れ動き迷走しているからです。

大田選手が覚醒するには精神的な強さが必要です。
プレッシャーの多い読売ジャイアンツから移籍し、気分も一新されるでしょう。

そして、なによりも日本ハムはダルビッシュ投手、中田野手を育てたように、選手の育成には定評ある球団です。
大田選手の特徴を活かして、ノビノビとプレーさせてくれることと思います。
これらのことから、移籍1年目、この1年で大田選手の覚醒が見られる可能性は非常に高いと言えます。

今シーズンの福岡ソフトバンクホークスの投手陣はこうなる!

2016年シーズン、チーム防御率3.09とセリーグ優勝の広島の3.20を上回りながら、優勝を逃してしまった福岡ソフトバンクホークスの今年2017年の投手陣を予想してみます。

先発陣は昨年最多勝の和田毅投手、2016年途中離脱はしましたが、安定感のある投球の盤デンハーグ、縦に大きく割れるカーブを持つ武田翔太投手、2016年9勝を挙げた東浜巨投手までは確定です。
契約最終年の松坂大輔投手は相変わらず直球のスピードが140キロにも満たないので、2軍暮らしが長そうです。
先発転向を目指す千賀滉大投手、実績のある中田賢一投手、ベテランの域に入る摂津正投手の3人の争いになりそうです。

中継ぎは7回に森唯斗投手かスアレス投手、8回に岩嵜翔投手が勝ちパターン、巨人に移籍した森福允彦投手の穴を左投げの嘉弥真新也投手、飯田優也選手のワンポイントでの登板がありそうです。
先発投手が崩れた場合のロングリリーフには寺原隼人投手、左の山田大樹投手の出番がありそうです。

新人の田中正義投手、2年目高橋純平投手は投手陣に疲れが来る夏場以降にチャンスがあるかもしれません。
抑えは2016年も43セーブを挙げたサファテ投手で決まりです。
もし何らかの故障があった場合には、スアレス投手か岩嵜翔投手が代役となりそうです。

ヤクルトの山田哲人さんは、バランス感覚が良い選手です。

プロ野球のヤクルトに、若き強打者山田哲人さんが注目されています。
山田さんは、まだ23歳でながらホームランのタイトルを取っているバッターです。
身長180センチ、体重76キロの体型は、プロの世界では決して大きくありません。

しかし、彼は長打力がありプロ入り4年目には、ホームランを38本打っています。
この数字は、読売ジャイアンツの偉大なバッター松井秀樹さんが4年目に打った本数と同じです。
しかも、長距離打者としては珍しく、守るポジションがセカンドになります。

内野手でホームランを量産する選手の多くは、一塁手になり山田選手のセカンドは、2番を打つような守備型選手が多いはずです。
そんな山田選手は、打つだけじゃなく足が速い選手でもあります。

プロ入り5年で、すでに盗塁王のタイトルを2回取っていて3割30本30盗塁をクリアーします。
そんな山田さんは、甘いマスクながら練習や努力もよくこなし、持って生まれた才能豊かな選手です。

ホームランを打つ特徴として、ボールの下を叩く事にあり山田さんは、この技術を高校時代に持っていたと言われます。
高校時代の彼はホームラン数が31本ですが、バットのスイングスピードはすでにプロ並みのようです。

プロ入り後も、彼の才能はコーチや監督も認めるなど早くから試合で使われる事になります。
しかし、山田選手の1番特徴は、体のバランス感覚が優れているところです。

入団会見時に、みんなの前で逆立ち歩きを披露して驚かせました。
逆立ち歩きは、体幹やバランスがよくないとデキない運動になります。
このバランスが、ホームランを量産する技術に繋がっていると思われます。