日本記録に王手「神の左」を持つプロボクシング選手、山中慎介。

帝拳ボクシングジム所属のプロボクシング選手、山中慎介(やまなか しんすけ)。
身長174センチ34歳のバンタム級王者。

小中学校時代は野球をしていましたが、プロボクサーの辰吉丈一郎選手に憧れて高校からボクシングを始めます。
その頃からバンタム級で好成績をおさめてきました。

本当は大学時代でボクシングを辞めるつもりでしたが、大学4年の時、不本意な成績を残した事がきっかけでプロになる事を決意します。
山中選手はコンバーテッドサウスポーと思われていますが、元々は左利きです。

その山中選手が繰り出す左ストレートパンチは、分かっていても避ける事ができない絶対的な左パンチを繰り出すので「神の左」と呼ばれています。
現在バンタム級での連続防衛記録を日本歴代2位の12回連続に伸ばし、具志堅用高選手の持つ日本記録の13回連続防衛に王手をかけました。

プロでの成績は、28戦26勝(18KO)無敗 2分、KO率は64%です。
誰にも「神の左」が避けられないようですが、なぜ避けられないのでしょうか?

それは本人の山中選手にもわからないそうですが、独特のタイミングと特別の距離感があるそうです。
バンタム級の階級で左パンチ1発でしとめられる選手は、そういないのです。
山中選手が強すぎて対戦相手が見つからないと言う程、強いプロボクシング選手です。

記録は抜く為にあるもの!がんばれ世界バンタム級王者、山中慎介!

ボクシングの連続防衛記録13回という日本記録が作られてから随分と時間が経過した。
そうカンムリワシこと元世界ライトフライ級王者、具志堅用高さんが13回の日本記録を打ち立ててからもう37年という月日が流れた。
依頼13回という防衛記録は何人もの日本人王者が挑んだものの届かなかった。

しかし、その13回という記録に今近づきつつある世界王者がいる。そう神の左を持つ男、WBC世界バンタム級王者、山中慎介だ!
彼の左はそれは痛快無比で当たれば必ず倒すという一撃必答のハードパンチャーだ。
昨年の9月16日に幽霊のあだ名で元世界王者のアンセルモレノを痛快な左で倒し7RTKOで11回目の防衛に成功した。

残すところあと2回と迫った。
抜けそうで抜けない記録、いや抜いてはイケないという偉大な先輩の記録。
しかし、記録は抜くためにある。

あの横綱白鵬が偉大な記録、大鵬の32回という記録に並んだ時、何とも私自身寂しい気分になった。
それはやはり巨人・大鵬・卵焼きといわれた昭和の大横綱の記録に白鵬が並んだという何ともそこは抜いてしまったらいけないんじゃぁないかという気持ちもあったけどしかし記録は抜くためにあるのだ。

あと2回で偉大なカンムリワシ具志堅用高の防衛記録13回に山中は並ぶ。
しかしその2回が非常に大変な労作業なのだ。

次の対戦相手は同級6位カルロス・カールソン( メキシコ/26歳/22勝(13KO)1敗)に3月2日東京両国国技館で12回目の防衛戦に挑む。
勝てば具志堅用高の記録まであと1回と迫る。
神の左炸裂でスカッと12回目の防衛戦をKOで決めて欲しい!!がんばれ山中慎介!!

K-1の新カリスマ武尊<KREST所属、元チームドラゴン>。

武尊は「ナチュラル・ボーン・クラッシャー」の異名を持つ日本のキックボクサー。
初代Krush -58kg級王者になり、K-1 WORLD GPフェザー級王者、元K-1 WORLD GPスーパーバンタム級王者で二階級制覇を果たしている。
彼は単に強いだけでなく人間性も評価されており、特に子供や女性からの人気は高い。彼の優しい笑顔と紳士的なファンサービスに虜になっている人も多い。

最近では、人気選手とのことでバラエティーにも出演依頼を受けることも多く、メディアの露出も増えました。
それも、すべて自分にしかできない方法でk-1の知名度をあげたいという気持ちで仕事を受けている。
試合中には、打たれても不敵な笑みを浮かべ、攻撃的にKO勝ちを狙うのが武尊スタイル。

一見、挑発をしているかと思うほど笑顔が怖い。実際は楽しくて笑顔になっているだけとのこと。
「K-1のチャンピオンは外を歩いていたら人だかりができ、電車も乗れないくらいにならないといけない」とも語っています。

K-1で有名な選手になり、自分の力でK-1を盛り上げたい強い気持ちで戦い、勝ち続けている彼こそ新のカリスマです。
実際、彼のおかげでK-1の知名度も上がり男性ファン以外にも女性や子供のファンも増えました。