NBA、ロサンゼルス・クリッパーズの生命線、クリス・ポール。

クリス・ポールはNBAのウエスタン・カンファレンスのロサンゼルス・クリッパーズに所属するポイントガードである。
近年ステフィン・カリーやラッセル・ウエストブルックなど得点力のあるポイントガードが人気であるが、クリス・ポールは得点力はさることながらボールハンドリング技術やアシスト能力に長けた典型的なポイントガードである。
クリス・ポールは、過去4度アシスト王に輝いており、現役選手の中でアシスト能力でクリス・ポールを上回る選手はいない。

また、クリス・ポールの凄さは、ターンオーバーの少なさにある。ポイントガードと言えばボールを運び、ゲームを組み立てる役割があるためボールを所持する時間は当然長くなる。
そのためターンオーバーは必然的に増えるはずである。
しかし、クリス・ポールはその中でもターンオーバーが少ない。

2017年3月8日現在のアシストランキングではラッセル・ウエストブルック、ジョン・ウォール、ジェームズ・ハーデンに続く4位となっているが、その3選手とアシストで5位のレブロン・ジェームズは同時にターンオーバーのワースト4位に入ってしまっている。
しかし、クリス・ポールはターンオーバー数では32位と、これだけボールを所持し、アシストをしている選手としては驚異の少なさである。

昨年にはNBA史上初、20ポイント20アシスト0ターンオーバーという驚愕の記録を残した。
ロサンゼルス・クリッパーズはブレイク・グリフィンやディアンドレ・ジョーダンといったリーグ屈指のインサイドプレイヤーを擁しながらプレイオフでは結果を残せず敗退してしまっている。
今年こそクリッパーズがプレイオフを制するためには、クリス・ポールの活躍なくしてあり得ない。

NBAのキング、キャバリアーズのレブロン・ジェームズ。

2003年のドラフト全体1位で、クリーブランド・キャバリアーズ(キャブズ)から指名されNBA入りしたレブロン・ジェームズは、今シーズンで14シーズン目を迎えました。
今やNBA史上でも指折りのスーパースターになりました。
ルーキーシーズンを思い出すと、アウトサイドのシュートはフォームがギクシャクしていて精度が良くなかったですし、ドリブルも不安定で見ていて危なっかしかった印象があります。

しかし3年連続で20以上だったチームの借金、特に前年は48だった借金を、レブロンが加入して12にまで減らしたのはさすがでした。
ドラフト全体1位でも実際プレーすると結果を出せないケースも少なくないので、レブロンは「本物」だと感じました。
早くもレブロンの2シーズン目でチームはシーズン勝ち越し、3シーズン目にはプレーオフに進出し、カンファレンス・セミファイナルまで進みました。

そして4シーズン目、ついにNBAファイナルに進出します。
残念ながらサンアントニオ・スパーズに敗れてしまいましたが、これほど早いステップアップに、キャブズがNBAチャンピオンになるのはそう遠い話ではないと思われました。

しかしこの後3シーズン、NBAファイナルに進むことができませんでした。
それまでの順調さ故の停滞だったのかもしれません。

そして2010年マイアミ・ヒートへの移籍です。
レブロンの目論見どおりマイアミで優勝を経験し、2014年再びキャブズに戻ってきました。
戻ったそのシーズン、キャブズはNBAファイナルに進出し、ここでもレブロンの存在の大きさを感じました。

そして昨シーズンのNBA史上初ファイナル1勝3敗からの逆転優勝です。
今考えると、もしレブロンが2010年マイアミに移籍しなければ、その後それなりの順位にはなってたでしょう。

従って現在レブロン、ケビン・ラブとともにビッグ3の一角を担っているカイリー・アービングについて、彼を全体1位で指名した指名権はなかったと思います。
何がどう作用してどう影響するか、本当にわからないものです。

大きな波紋を呼んだレブロンの移籍も、昨シーズンの優勝、今現在の優位なチーム状況を作るための不可欠な要素であったのかもしれません。

バスケットボール人生!日本人初のNBAプレーヤー田臥勇太。

B.LEAGUEのリンク栃木ブレックスに所属しているプロバスケットボールプレーヤーの田臥勇太さん。
田臥勇太(たぶせ ゆうた)と読みます。
現在36歳の独身で、身長173センチ、体重75キロ、足のサイズ29センチ、血液型A型、ポジションはポイントガードです。

田臥勇太さんは2004年にアメリカのフェニックスサンズと契約しプレーした、日本人初のNBAプレーヤーで注目されました。
田臥勇太さんは幼少期の頃からバスケットボールや野球など色々なスポーツをやっていたそうですが、何をやってもスポーツ万能だったそうです。

なので小学校、中学校時代からバスケットボールの技術はズバ抜けていて、全国大会で上位入賞や個人賞を取っていました。
1996年にバスケットボールの名門校の秋田県立能代工業高等学校に入学し、一年生の頃からスタメンで活躍します。

そして3年連続で3大タイトル「9冠」という素晴らしい記録を残しますが、当時の練習は物凄い過酷なものだったそうです。
神奈川県出身の田臥勇太さんは秋田弁もわからず先生(コーチ)の言っている言葉がわからなかったとの笑い話もありますが、「もうあの練習と憂鬱は嫌だ」と言っています。

バスケットボールをやり始めたきっかけは、お姉さんがやっていた影響と言っていますが、実はお母さんもバスケットボール経験者だそうです。
なので最初からバスケットボールIQは高かったのでしょうが、あのバスケットボールセンスは天才です。

NBA、ゴールデンステート・ウォリアーズのステフェン・カリー。

今私が最も敬愛しているアスリートはアメリカのプロバスケットボールであるNBAのスーパースター、ステフェン・カリーです。

私はカリーががルーキーのころから注目していました。
入団当初は童顔でとてもかわいい選手がウォリアーズに入ったなと思っていたのもつかの間、カリーは2度のシーズンMVPを受賞したり、ウォリアーズをチャンピオンに導いたりと、今やNBAの大スターに成長しました。

入団当初は捻挫をよくする選手だったし、正直ここまで人気者でスゴイ選手になるとは予想してなかったです。
彼のサインをルーキー時代に入手しておいてよかった。
人気すぎて今じゃもらえそうにないし、高くて買えませんよね。

カリーといえばバスケットコートの中央のセンターラインから一歩踏み出したあたりからスリーポイントを放ってそれを簡単に決めてしまうので、相手チームは彼をディフェンスするのがとても大変です。
こんな遠いところからスリーポイントシュートを打って決められたらたまらない。
どんなド派手なダンクシュートを決めても2点しかもらえず、スリーポイントシュートを決める方が3点獲得できるし相手にダメージが大きいです。

カリーは可愛い顔をして、容赦なくスリーポイントシュートを決めることからベビーフェイスアサシンなんてニックネームで呼ばれています。
カリーは今やNBAのアイコン的な存在なのでとてもカッコ可愛いステフェン・カリーがバスケットボールをする様を是非、インターネットなり、WOWOWなりで観てみてください。

NBAフィラデルフィア 76ersのジョエル・エンビード。

Philadelphia 76ersは、世界のプロバスケットボールの最高峰 NBAでここ数年勝ち数を伸ばせず最下位に沈んでいたチームだ。
最下位のチームは翌年のドラフトで高い指名権が得られるのだが、ドラフト上位の選手を獲得してもシーズン成績を伸ばせずにいた。
しかし、今2016-17シーズン、あるルーキーの活躍によってシクサーズは活路を見出そうとしている。

彼の名前はジョエル・エンビード。彼は2014年にドラフト3位でシクサーズに指名されたものの、怪我のためNBAデビューをするのに2年間もかかってしまった。
その彼は今シーズン、長かったリハビリ生活の鬱憤を晴らそうとばかりに目まぐるしい活躍をしている。

カメルーン出身のエンビードは213cm、113kgと数多の巨人の集うNBAの中でも体格に優れている。
その体格を生かした力強いインサイドプレーも目を見張るところだが、彼の素晴らしさはなんと言ってもそのシュート力の高さだ。

7フッターとは思えないほどの柔らかいシュートタッチで、ビッグマンにもかかわらず高確率でスリーポイントも決めてくる。
ディフェンスについている方からしてみればたまったものではない。

自由奔放な彼の性格は、彼の周りのチームメイトの力を引き上げ、観客を沸かす。
彼の活躍もあって、1月の勝利数だけで昨シーズン全体の勝利数に並んでしまったほどだ。
今後の彼の活躍にも期待したい。